ADD SOME TEXT THROUGH CUSTOMIZER
ADD SOME TEXT THROUGH CUSTOMIZER

Grant for People
Society Exclude
OUR CAUSES

OUR MAIN

MISSIONS

FY2021 was a delightful year since 3 years of Munakata Grants successfully completed in Madagascar and Mozambique. In Mozambique, Munakata supported Youth Impact Lab, the safe space for youth and minorities and in total 26,214 people received benefits. In Mozambique, the complete renovation of the medical clinic, school, and provision of community well transformed the lives in an isolated village.

Our grant is a small seed, but since it is always planted in the right place under the right leadership carefully selected by our visit, it always makes a great impact on the community. We truly look forward to your cooperation and financial support.
Munakata Grant is your great investment for the future.
Mana Tanaka
Founder / Chairperson
Munakata Foundation

View Detailed Reports

COVID-19 has impacted the lives of many, especially gender and sexual minorities most societies exclude. Munakata Grant responded to the additional needs of trans-women in Lahore and Karachi in Pakistan and LGBTI refugees in Malawi this year. Our Board Members also give their hearts to all our partner organizations whose grant ends this year, and suggested the extension of grant in most needed cases.

 

During this time of difficulties, I feel grateful about all the hard work made by our partner organizations, and all board members who enabled us to provide timely and generous support to them. Please take a look at our business report and give your suggestions and comments for our continuous improvement.

 

Mana Tanaka

Chairperson / Director-General

Munakata Foundation

View Detailed Reports

I am writing this message during the turmoil of COVID-19 pandemic which none of us predicted just 6 months ago. In Kolkata, India, our grant project site was completely destroyed by Cyclone and almost all families lost their livelihoods by Colona and Cyclone Amphan. Transgender Women in Pakistan also faces severe financial and health threats, as many of them have weak immune systems due to HIV. During this moment of difficulties, Munakata Grant sent extra funds for our partner organizations which reached more than 1,200 women and children. 

 

Due to this pandemic, our lives themselves are facing unprecedented challenges, but hope some of us also imagine the distress and despair of women and children in rural India and provide your financial resources to Munakata Grant. 

 

Sincerely, 

 

Mana Tanaka

Chairperson / Director General

Munakata Foundation

View Detailed Reports

This is the very first fiscal year report Munakata Foundation published on a website which was compiled based on the Act on General Incorporated Associations and General Incorporated Foundations (Japan).

 

We created this foundation based on the strong will of “bringing the utmost for people”, NOT for “people who help people”. Below is the very UNIQUE character and dogma of our expense.

 

  1. There is no overhead cost (salary, welfare for executives etc.)
  2. There is no rent or utility cost
  3. “Travel and transportation expenses” is the major expense. We keep the quality of Munakata Grant through direct monitoring visits to Asia and Africa.

 

2019 will be another year to expand Munakata Grant to a new country; Pakistan. We will also visit countries of our current grant partners; India, Malawi, Madagascar, and Mozambique.

 

Mana Tanaka

Chairperson / Director General

Munakata Foundation

View Detailed Reports

BOARD MEMBERS

Mana TANAKA, JICA Expert (Chairperson)

Prof. Yuko NIKAIDO, Economist (Chairperson)

Masanori HOMAN (Trustee)

Rev. Makoto TANAKA (Trustee)

Yukako MATSUURA (Trustee)

Dr. Kazuko TANAKA, Gender Specialist (Chairperson)

Setsu HASEGAWA (Fundraising Advisor)

Hideki FUKAMACHI (Trustee)

This message is only visible to admins.
Problem displaying Facebook posts. Backup cache in use.
Click to show error
Error: Error validating access token: The session has been invalidated because the user changed their password or Facebook has changed the session for security reasons. Type: OAuthException
【宗像財団ブルンジ少数民族ID支援】西欧人にピグミーとも呼ばれるブルンジのトゥワの人々。これまでの差別や偏見で出生届が出されておらず、多くのトゥワがIDカードを持たずに暮らしています。学校への入学、結婚、土地の購入などあらゆる局面での不便を解消するために、宗像財団ではオンラインイベントを開催して、10世帯50人分のIDカード発行を現地NGOを通じて行いました。若い女性はとても誇らしげな表情。年配の男性はとても感慨深い顔。スキップして喜ぶ男性の写真。小さい子どもは出生届、分かるかな?どれもとても心に残る写真で、イベントに登壇したブルンジのトゥワ難民の人たちも喜んでいました。オンライイベントを企画した宗像インターンのファブリスさんと、現代アフリカ地域研究センター - TUFS、ありがとうございました! ... See MoreSee Less
View on Facebook

4 months ago

宗像財団 Munakata Foundation
昨日は国際基督教大学のInvitation to Asian Studiesの授業にゲストとして呼んで頂きました。2年ぶりの対面授業でかつ105分のロング講義だったので、本当に久しぶりなワークショップも導入。3-4名のグループに別れて、プロジェクターに映し出されるパスポートの入国スタンプを見ながら目の前の白地図に番号を入れて行くというもの。アジア10ヵ国の入国スタンプでしたが、比較的スムーズでした。写真はパキスタン(①番)を思いっきりバングラディシュに入れて、他のチームに直されていたやつです。地図の記入は知っている生徒がどんどん正解を書いていく感じでしたが、その後のアジアの空港コード(成田空港 NRTみたいな)を予測するのは未知の世界だったようで、グループ内で話し合って、正解だとイェイ、と盛り上がって楽しそうでした。その後、各国の特徴や知っていることを白い紙に自由解答してもらったのですが、名前はわかんないけど映像で見たものを絵にしていて、微笑ましかったです。シンガポールのマーライオンとマリーナベイホテル、可愛い💕私にとっての大学・大学院の学びの多くはグループワークやグループプレゼンテーションで生まれたので、2年のオンライン授業を乗り越えてコロナも落ち着いてきた今こそ、ランダムな沢山の繋がりがキャンパスに戻ることを願っています。 ... See MoreSee Less
View on Facebook

4 months ago

宗像財団 Munakata Foundation
宗像財団とは別なコンサルタントのお仕事でザンビアに来ています。コッパーベルト州と呼ばれる銅の生産地で思いがけず、第二代国連事務総長のダグハマーショルドの記念碑を訪問しました。コンゴ紛争を調停する帰路で飛行機事故で亡くなったのは知っていたのですが、墜落現場がコンゴではなくザンビアにあることを始めて知りました。メモリアルとして綺麗に整備されていて、記念碑と小さなミュージアムが建てられていました。コヒーアナン国連事務総長が訪問した時に、墜落現場に新しく作られた英語とフランス語の記念碑でお参りをしました。ダグハマーショルドは多くの名言を遺していますが、今でも度々引用されるのは、United Nations "was not created to take mankind to heaven, but to save humanity from hell."(国連は人々を天国に連れていくために作られたのではなく、人類を地獄から救うために創設されたのです)です。今回の訪問で彼が墜落現場で救助隊が来るまで在命していたこと、そして最期に遺した言葉があることを知りました。The only value of life is it’s content for others apart from any value it may have for others my life is worse than death. Therefore, in my great loneliness serve others. (人生の価値とは私の生が死よりも価値があったと他者が感じる、その中にしかない。従って、私は大いなる孤独をもって、他者に尽くした。)ロシアとウクライナの情勢を見たら、どのように国連を動かしていたのだろうか、と考えずにはいられません。 ... See MoreSee Less
View on Facebook
Happy Easter Monday!宗像財団が支援している6カ国の中でも、アフリカの3カ国(マダガスカル、マラウイ、モザンビーク)はイースター休暇になっています。高額な切手を貼らなくても、こうして写真のカードをWhatsAppで贈ることができる、良い時代になりました。宗像財団では現在は支援先を銀行口座のある非営利団体に限っていますが、やがては必要な時に必要な支援を本当に困難な状況にある個人や団体にモバイルマニーを含めて即時に送金することを考えています。モバイルマネーが難民の間にもしっかりと定着しているのがアフリカだとケニアですが、これからますます広がっていき、電気がたまにしかこない、井戸水だけの村でも、やがて携帯で決済が出来る時代が来るのでは、それも近い将来、と思います。今年はイエスキリストの復活を祝う年1の大イベントであるイースターが4/17の日曜日で、ラマダンの終わりを祝う年1のムスリムの大イベントであるイードが5/2の月曜日とだいぶ近い珍しい年ですね。宗像財団の支援団体があるパキスタンとバングラディッシュへのお祝いカードは2週間後にお送りします。東京は春の雨が続いておりますが、みなさまご自愛ください。 ... See MoreSee Less
View on Facebook

7 months ago

宗像財団 Munakata Foundation
【宗像財団@パキスタン】支援先3団体の訪問とYouTube出演などを終えて今晩のフライトで帰路につきます。視察やモニタリングだけではなくて、コロナ禍においてラホールを訪問できることを最大限に生かした「発信」をテーマに色々な動画を撮影しました。これからバンコクでの17時間のトランジットと帰国後の3日間のホテル隔離を含めて自宅に戻るまで長い時間があるので、YouTubeの「むなかたチャンネル」に少しづつコンテンツをあげていきたいと思います。#宗像財団 ... See MoreSee Less
View on Facebook

パキスタンの洪水支援のPeatixイベントで「洪水以外の話をしよう」みたいなものを考えているのですが、何かライブ配信で観たいコンテンツありますか?

ラホールで人気のカラックチャイ(濃いめのチャイ)の作り方、は入れようかと。

#パキスタン洪水支援 #宗像財団

1週間だけお試しで日経新聞をとったら、今朝の折り込みに東京都の広報誌が。10/11に受け付け開始で11/1から東京都のパートナーシップ制度が始まることへの認知度が低いので、この折り込みは嬉しいです。

結婚の平等をすべての人に、の東京地裁の判決も11/30です。

#けじすべ

2

今日はラホールから一時帰国中の大橋専門家とお茶でした。洪水前は650万人だったシンド州のOut of School Childrenが洪水被害で800万人になったとのこと。

キリ番になったね、という冗談はさておき、日本の小学校の在学生数が630万人なので、🇵🇰の学校へ行けない子どもの数が同じです。

Load More
Translate »